気になるフケを防ぎたい

 

 

毎日シャンプーをしているのに、気がつけば肩にフケが…という方も多いことでしょう。

何でフケがでるの?と悩んでいる方も多いのでは。

 

フケが出てしまう原因は乾燥や皮脂分泌の増加、間違ったヘアケアやストレスなどさまざまです。

そしてその対処方法はフケの種類によって異なります。

やっかいなフケをしっかりと防いでいきましょう。

 

 

頭皮のフケは乾燥が原因

 

人の肌はターンオーバー(新陳代謝)によって年齢により差はありますが、約1か月ほどで角質がはがれ落ち、生まれ変わっていきます。

これは肌だけでなく頭皮も同様です。

 

普段、みなさんはシャンプーで一定の頻度で洗髪していると思いますが

そのフケを取り除く洗髪自体がフケの発生原因となっている場合があるので注意が必要です。

 

洗浄力の強いシャンプーで何度も洗髪したりすることで必要以上の油分が流れてしまいフケが発生しやすい状況が頭皮にできてでしまうんです。

 

また同じフケでもベトベトする脂っぽいフケも存在します。

それは「脂性フケ」かもしれません。

 

頭皮にはマラセチア菌という常在菌がいますが、皮脂の油分が増えるとそれを餌にして

マラセチア菌が増えてしまい、頭皮にベトベトとしたフケが生まれてしまします。

 

このやっかいなマラセチア菌は脂っこい食事やストレス、疲労、睡眠不足などにより増えてしまいますのでしっかりとした生活習慣を送ることがとても大切です。

 

まずはフケのタイプを見極める

 

最初に述べたとおり、フケには大きくわけて2種類あります。

頭皮の乾燥が原因で起こる「乾性フケ」と、頭皮の脂分が多すぎるために起こる「脂性フケ」です。

 

この2つはまったく違う原因で起こるものですからまずはしっかりと自分がどのフケであるかみきわめる必要があります。

 

原因が違いますから、当然対処方法が違ってきますからね。

 

 

すこやか地肌 口コミ